トップページ > 開催に寄せて > 開催のごあいさつ:(一社)日本メディアアート協会 竹本明子

開催のごあいさつ:(一社)日本メディアアート協会 竹本明子


(一社)日本メディアアート協会 代表理事 竹本明子

(一社)日本メディアアート協会 代表理事 竹本明子

みんなの「むすぶ」

皆さまのおかげをもちまして、今年も無事、8回目のクリエイターズ・チャリティを開催することができました。
心より感謝と御礼を申し上げます。

JMAAでは、震災以降のこの2年間、チャリティ(Tシャツ・年賀状など)による支援金の寄付をはじめ、文具の進呈、東北への応援メッセージを集めた「モザイクアート」の制作のほか、JMAAスタッフが東北に訪問して「お絵描きワークショップ」などを実施して参りました。

「モザイクアート」の応援メッセージ画像は2000枚を超え、計12回に渡って実施させていただいた東北での「お絵描きワークショップ」では、本当に沢山の皆さんと出会い、語り、ご縁をむすばせて頂きました。

今年のTシャツ展の、タイトル、ロゴ、サイトの構成などを変更して「むすぶ展」として開催いたしましたのも、この2年間の活動を通じて、今一度、「ココロ」を、「想い」を、「絆」を、「ご縁」を、「むすぶ・つなげる」ことの大切さを伝えたいと思ったからに他なりません。

どうぞ会場で、インターネットで、作品をご覧ください。作家ごとに、Tシャツデザインに込めた温い、深い、広い、可愛い、優しい、力強いメッセージが綴られています。
どの作品からも「想い」「むすぶ」「明日へ」という3つのテーマが、それぞれの個性と言うフィルターを通して見事に表現されていると思います。

クリエイターズ・チャリティに参加してくださったクリエイターの皆さん、支援企業・団体の皆さま、ご縁を結ばせていただいた沢山の皆さまに、この場を借りて感謝申し上げます。