トップページ > 今年のレポート > むすぶ展 日本財団賞/【LE SEMEUR】

むすぶ展 日本財団賞/【LE SEMEUR】


●むすぶ展 日本財団賞/mA017_02Keith Suzuki【LE SEMEUR】
受賞Tシャツ 作家コメント
●むすぶ展 JILLA賞/mA002_02よしもりたけはる【猿のおやこ】 この度、日本財団賞を頂きました。誠にありがとうございます。
今回選んでいただきました作品「LE SEMEUR」は、言わずも知れたミレーの代表作(邦題「「種蒔く人」)からインスピレーションを得、Tシャツのデザインにしました。
いろんな問題を目にした時、どうしても花や実を得ることに焦りがちです。
しかし、しっかりと大地を耕し、種を蒔き未来の子供達へ良き花や実を届けることが大事なのではないでしょうか。良き大地、良き種からは良き花や実ができます。
やがて良き花、良き実は、良き種になるでしょう。そういう良い循環になっていく社会を望みます。
今後も微力ではありますがアートを通じ何かを発信できるような作家になっていきたいです。
この度の受賞は自信の大きな励みとなりました。あらためて御礼申し上げます。
審査コメント

今、被災地での復興における最重要テーマの一つが「まちづくり」です。
震災からの復興を象徴する新しい街を創るためには、このTシャツのメッセージにもあるとおり、未来のための種を今から蒔いておかなければなりません。
人はどうしても今を生きる自分たち自身のことを考えることで精一杯となり、明日を生きていく人々のことを考えることを忘れてしまいがちです。
しかし、私たちは今こそ、被災地のまちづくりを通じて日本や世界の持続可能性を含めた新しい未来に向けた取り組みをはじめなければいけません。この作品はそのようなことを気付かせてくれる作品です。

また、デザイン部分でも、有名なミレーの「種をまく人」のシルエットを現代的にデフォルメしつつ明日への力強さを表現しており、素晴らしいと思います。